お申込み

2019年(度)の「静岡市民テニス交流大会兼ねんりんピック和歌山市代表選考会」の申し込みはこちらのフォームからお申し込みください。
申し込みフォーム

ねんりんピックとは…

「ねんりんピック」とは「全国健康福祉祭」の愛称です。厚生省設立50週年を記念して昭和63年に第1回大会が兵庫県で開催され、以降毎年各県の持ち回りで開催されています。

60歳以上の方を中心としてあらゆる世代の人々が楽しみ交流を深める目的で開催される総合的な祭典です。
一般的な種目の”スポーツ交流大会”
ニュースポーツを中心とした”ふれあいスポーツ交流大会”
囲碁などの”文化交流大会”
など期間中はいろいろなイベントが開かれます。

ねんりんピックの趣旨や過去の開催県などはこちら
厚生労働省のねんりんピックのページ

静岡市テニス協会の取り組み

静岡市は平成17年の第18回福岡大会から独自に代表を派遣しています。
テニスの静岡市代表選手は平成25年度までは県テニス協会主管による県代表選考大会に”間借り”する形で選考大会を実施してきましたが、26年度から独自に静岡市テニス協会主催として選考大会を開催することになりました。

毎年それなりの数の選手が”ねんりんピック年齢”に達してきます。その中で代表になれるのは(その年令種目で)お二人だけです。そのことを考えると代表になることはそう安易なことではないと思えます。
ねんりんピックをより多くの選手に知ってもらい、目的意識のある選手を発掘して誇りを持ってねんりんピックに臨んでいただけるように環境を整えることが当協会主催とする目的です。

静岡市代表選考会

「代表選手選考会」を単なる選考会として終わらせず、ねんりんピックという意義あるイベントをより多くの方々に知ってもらい、多数の選手が集う楽しくも真剣な大会に成長させていくために取り組んでいます。

代表選手選出基準

代表選手は以下の手順で選出されます
※ 選考基準は実情に合わせて適宜見直されます(その年度の選考大会要項を確認してください)

以下の要件に適合していること
 ・静岡市民であること
 ・ その年度の「すこやか長寿祭」に参加していること
 ・参加種目の年代で過去2年間に代表になっていないこと
 ・ 静岡市代表選手選考会において最上位の成績の組を代表とする
 ・ 同成績のチームが複数ある場合はプレーオフを行って決定する
 ・ 代表は”組”として選出される

すこやか長寿祭

代表選手に選考されるためには選考会の前に開催される、(公益財団法人)しずおか健康長寿財団主催の
「すこやか長寿祭スポーツ大会 テニスの部」
に参加(出場)していることが条件です。
代表を目指す選手はご注意ください。
公益財団法人 しずおか健康長寿財団

代表になったら

代表に選ばれた3組6名で「静岡市チーム」を形成します
補欠を連れて行くことができますが近年は6名だけでチームを作っています
帯同者(応援など)を連れて行くことができますがこちらはすべて自費となります
チームキャプテン(監督)を1名、チーム内で決めてください
キャプテンはチームを代表して市の担当者との連絡を取ってください
大会時にはチームを引率し、チームの代表者として行動します

費用の見積もり

  • 基本的に金曜日から月曜日までの3泊4日の行程です
  • 往路(静岡駅~初日のホテル)の費用は静岡市が負担します(静岡市選手団としての団体旅行)
  • 帰路は個人負担(要するに個人旅行という形態です)早めに格安なチケットなどを手配しておくほうがいいでしょう
  • 初日は静岡市の指定施設に静岡市代表団全員が泊まります
  • 2泊目と3泊目は主催者(開催県)の指定する宿泊施設の中からチームごとに選択します
  • 初日の宿泊では静岡市の全代表が揃った懇親会が開かれます(懇親会費用自己負担1,000円程度)
  • 宿泊は2食付きで、1泊当り4,000円の補助が静岡市から支出されます
  • 4日分の昼食弁当(計4,000円)・現地でのシャトルバス代(3,000円程度)の支出を見込みます
  • その他、個人的費用が若干必要です(お菓子やらおみやげやら…)

名誉の代表団

静岡市が”政令指定都市”となり市代表を派遣するようになってからの代表選手一覧です
※ 第3回から17回までは県代表として多くの静岡市民が選出・派遣されています

年度
開催日
開催県
開催地
男子
70歳以上
男子
60歳以上
女子
60歳以上
成績
182005
11/12-15
福岡
福岡
尾上元
紀野好佑
山本巌
秋山政行
伊東嘉江
大澤満里子
3位トーナメント
Best8
192006
10/28-31
静岡
沼津
清雄策
大坪利光
山本巌
秋山政行
藤波佳子
小沢歌子
1位トーナメント
優勝
202007
11/10-13
茨城
筑西
伏見次昭
栗田克彦
岩田和彦
大石順一
杉山かず子
望月清子
1位トーナメント
優勝
212008
10/25-28
鹿児島
鹿児島
河合健司
奥山清男
海野嘉明
久保田陽一
倉沢百合子
一木スエ子
3位トーナメント
Best8
222009
9/5-8
北海道
札幌
清雄策
笹下雄司
山本巌
秋山政行
坂下厚子
三宅美智子
2位トーナメント
準優勝
232010
10/9-12
石川
金沢
高山賢治
浜地勲
海野嘉明
久保田陽一
柴山久子
橋爪美千代
3位トーナメント
1R
242011
10/15-18
熊本
熊本
大坪利光
栗田克彦
曽根優
水野利民
坂下厚子
飯塚寿美子
3位トーナメント
2R
252012
10/13-16
宮城
仙台
山本巌
大石博行
海野嘉明
久保田陽一
伊東嘉江
原澄江
2位トーナメント
1R
262013
10/26-29
高知
高知
岩田和彦
榊原信義
吉田稔
大畑禎弘
坂下厚子
萩野富美子
2位トーナメント
1R
272014
10/4-7
栃木
栃木
平岡正義
望月増夫
荒井冬吉
上田進
伊東嘉江
繁田妙子
予選RR3位
荒天で順位戦中止
282015
10/17-20
山口
周南
伊東寛治
大石順一
樋口好央
木下俊也
木下澄子
太田典子
1位トーナメント
Best8
292016
10/15-18
長崎
佐世保
海野嘉明
久保田陽一
大畑禎弘
吉田稔
杉山はる恵
見原千恵子
3位トーナメント
Best8
302017
9/9-12
秋田
秋田
岩田和彦
成毛直紀
松本泰則
佐塚訓之
松田まさ子
萩野富美子
1位トーナメント
準優勝
312018
11/3-6
富山
富山
秋山政行
原和男
柏木茂
松浦健人
伏見桂子
岩崎範子
2位トーナメント
Best8
322019
11/9-12
和歌山
和歌山
海野嘉明
久保田陽一
櫻井達広
高木厚
増田明美
望月典子
1位トーナメント
2R
332020
10/31-11/3
岐阜
岐阜
342021
11/6-9
神奈川
横浜
352022愛媛
362023鳥取
372024