セルフジャッジの本質は”不正を監視したり防止したりする”ものではありません。
この原則は試合中に

立場の異なる対戦者が同じようなケースに遭遇したときに同じような判断をするための手引き

として考えるべきです。

セルフジャッジの原則

  • ネットのこちら側のボールは自分自身でコールする
  • “確実にアウトと言えるボール”だけをアウトとコールする
    接地したボールとラインとの間にコートの外側の地面がはっきりと確認できた時がアウト
  • フォールト、アウトのコールは、ボールの着地直後、遅くとも相手が再び打つ前にする
  • コールは、大きな声で相手にはっきりと聞こえるようにする
    あわせて”明確なハンドシグナル”も併用するとよい
  • 自分のサービスゲームの時はサービスを打つ前に必ずポイントのコールをする
    第1ポイントのサービスの前にはゲームスコアをコールする
  • 規則解釈上の問題や試合進行について、相手と意見の食い違いがあったときはレフリーを呼ぶとよい

一般に「微妙なあるいは複雑な判定は相手に有利に…」とよく言われるが、セルフジャッジの思想はそういうことではない。
第2項に明確に表現されているように「確実にアウト」と言えるボールだけがアウトなのであり、そこにはあいまいさは一切ない。

*以下は製作中です*

いくつかの例外規定

(2019年度改定)

ダブルスのための特別ルール

2人の判断が異なったとき(一人がセーフと判断し、パートナーはアウトとコールした場合)は、そのチームの失点となる