第3回史誌編纂委員会

いつもの部屋、いつものメンバー
洗い出した資料がなかなか見つからず、進展は遅々としている。
次回は継続しての資料集めと、編集方針の大まかな見通しをつけることで今回は解散…それでも顔を合わせて話をすることで見えてくるものがたくさんあるんだな、と再認識したことは収穫かな。